• sakurastartravel

【患者団体として客観性と共感性を】


私達は普段の通院や患者会、学会を通じて自分の障害や難病に限らず、他の病気や障害についても学び情報交換の場に数多く参加しています。 そんな繋がりや自身の闘病経験が時にはご旅行参加者で配慮が必要な方の理解に繋がったり、横の繋がりで助け合いできることも多々あります。 今回は台風が迫っていた10月29日(土)に行われたイベント。 様々な疾患の患者団体が疾患や団体の枠を越えて、各団体や専門家と患者団体活動に必要な情報共有の場「J-PALS WEST」に参加してきました。

今回のイベントテーマは講演の演題「正しい医療・健康情報の見極め方」について、患者団体や製薬会社のみんなで議論しました。


会社から参加ではないので詳細は省略しますが、たくさんの疾患の患者団体と議論することによって、 自分の必要な治療情報や障害配慮だけでなく他の性質を違う視点から見ることができる貴重な機会となりました。 製薬会社の皆様、各患者団体の皆様、ありがとうございました! 台風が接近する豪雨の中一人で車椅子で向かったのですが、 会場と駅までの道のりを傘を差して送って頂き、雨の中の移動本当にお世話になりました‼︎

#難病障害理解

2回の閲覧