• sakurastartravel

【メディカルジャパン大阪2018】


2月21日〜23日に大阪のインテックス大阪で開催された医療・介護、介護・看護、地域包括ケア、様々な業種の企業や自治体が参加する総合展、メディカルジャパン大阪2018にメーカーその他部門で参加してきました。


インテックス大阪の会場内には最新の医療機器や介護用品、医療関連用品がズラリと並び、多くの方で賑わっていました。広い会場をすべて回りましたが、個人的に面白くてじっと観覧したのがVR(仮想現実)を利用したリハビリや健康維持のためのフィットネスマシーン。疲労間の多いリハビリの時間が楽しくなる工夫で楽しそう!


今回は地域医療構想と地域包括ケアシステムの課題を中心に学んできました。今日本が大阪に誘致を目指している2025年の万博。先進的な日本の技術を発信する場となるイメージが強いですが、実は医療介護分野の課題解決の期限目標でもあります。 2025年誘致を目指す万国博覧会のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。先進国の中でも2025年までに都市の型の超高齢化が急速に進む日本の中心都市の1つである大阪。人口動態統計調査によると2015年から2025年までに増加する高齢者人口は約100万人、2015年比で約1.8倍の人口割合に増加すると見込み。2025年までに医療や介護分野の整備や課題解決が急務とされています。 万博開催地決定に向けて今年の2月~3月には、「BIE(博覧会国際事務局)調査団」の来日が予定されています。その際には開催候補地の盛り上がりが重要な調査項目となっているため、今後も引き続き、他の立候補国を上回る会員数・賛同数を獲得していくことも重要。万博の誘致に向けて、2025日本万国博覧会誘致委員会ホームページより会員になることも応援の1つ! 東京2020オリンピック・パラリンピック後の関西の盛り上がりに期待し、櫻スタートラベルでも地道に応援しています♪

#展示会 #医療介護

1回の閲覧