【第2回闘病記フェスティバル講演】


近鉄百貨店上本町近鉄文化サロンで4月29日(日)〜5月1(火)日の期間に開催された、第2回闘病記フェスティバルで講演の機会をいただきました。

闘病記フェスティバルは各種疾患の当事者・家族・サポート団体の講演、闘病記関連の書籍の展示など、患者家族と先輩患者を繋ぐ役割のイベントです。今年はイベント初日の様子がNHKのニュースコーナーで紹介され、多くの方が足を運んだ人気イベント。私は最終日の最終回に講演させて頂きました。 今回は難病治療やリハビリ・就労・伝える活動を中心に、複数の難病や見えない障害と向き合いながら社会参加に挑戦する様子を紹介させていただきました。闘病仲間やお知り合いの方が会場に駆けつけてくださり、お声掛けいただきありがとうございます!

同じ会場で、「毎日がわくわく!がん患者の就活」という講演を聴いてから1年が経ちました。闘病されてきた先輩方の体験や意見を聞きながら、私はどう生きよう?と考えたことを覚えています。病気や障害だけに気をとられて頭を悩ませていた私が成長する姿を、今回ご来場頂いた皆様やお声掛け頂いたチーム闘病記の皆様に感じていただけてたら嬉しいです。GW中お忙しい中ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

講演後、活動を知って頂いた方から難病との向き合い方、外出の際の工夫相談などたくさんご連絡をいただきました。当日講演に来れなかった方にも是非この講演を知ってほしい!と他の疾患の仲間がお声掛けくださっています。ぜひまたどこかで誰かにお伝えする機会があれば幸いです。 [if !supportLineBreakNewLine] [endif]

You Might Also Like: