【2025大阪万博に向けてBIE調査団おもてなし】

2025年の万博開催地決定に向けBIE=博覧会国際事務局の調査団が大阪に入り、現地調査を始めています。昨日の中之島リバークルーズに引き続き今日は会場予定地の夢洲の視察、そして夜は道頓堀の大阪観光の現場をクルーズで視察がありあました。 湊町リバープレイス前では視察団を高校生の吹奏楽演奏でお出迎え。

そして戎橋ではグリコの看板に今夜は万博誘致の映像に変化。かに道楽の蟹が万博ロゴを付けているなどなど、雨の中ではありましたが視察団を万博歓迎ムードで多くの人々が旗を振って迎えました。

イベント会場の中心地の戎橋の前には大阪が拠点の人気ヒップホップグループ「ET-KING」のライブ。人気曲の「ギフト」「愛しい人へ」を始め、2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致応援歌「この街の空」を熱唱して盛り上がりました。

万博誘致の重要な要素の1つは地域の盛り上がり。夕方からBIE視察団の乗船している道頓堀クルーズを1kmほど追っかけて声援を送ってきました。

大阪市役所の皆様や万博招致委員会の皆様、駆けつけた皆様、雨の中みんなお疲れ様でした。

[if !supportLineBreakNewLine] [endif]

You Might Also Like: