【車椅子と杖で行くウルルシドニー6日間の旅途中経過③】

難病当事者が運営する旅行会社の櫻スタートラベルの櫻井×身体的・経済的な理由に旅が困難な方々に旅を支援する一般社団法Travelfowardのユニバーサルツーリズム第1弾。車椅子と杖で行くウルルとシドニーを巡る6日間の旅の途中経過の続き。

ウルルからシドニーに戻った翌日、起床後初めてのホテル朝食へ。パッと見て階段しか入店経路のないレストラン会場へは、スタッフが車椅子昇降機のついた通路を案内してくれてクリア。車椅子ユーザーへのさりげない配慮と気さくな声掛けにまた安心しました。

朝食後はクリスマスムードの街並みを見ながら、オーストラリア・シドニー市街の中心に広がる公園ハイドパーク、そして巨大なゴシック建築の教会セント・メアリー大聖堂へ。この教会は私が12年前にゴールドコーストのウエディング会社で研修中に巡った教会のうちの1つで思い出の地で懐かしかったです。車椅子での再来となりましたが、車椅子用の通用口もありバリアフリーな造りで入場できました。

街中の多目的トイレも手洗い場と洗浄がオートメーションで斬新なシドニーの街並み。 午後からは世界三大美港のシドニー湾クルーズへ。海の上から見るシドニーの風景もまた美しく、この日は豪華客船出航のタイミングと重なりまた特別なひとときでした。

夕食は人気のオイスターバーで。産地の違う牡蠣と焼き加減が絶妙なサーモン、海老などを味わいながら・・・夜は部屋で旅の思い出を話しながら部屋飲みをしてシドニー1日自由観光を終えました。

You Might Also Like: